公益財団法人 いきいき埼玉 高齢者いきがい支援センター 埼玉県 明るい長寿社会づくり推進機構

彩の国いきがい大学

彩の国いきがい大学の概要

(公財)いきいき埼玉では、高齢者の学習の場として「彩の国いきがい大学」を開校しています。本学では、社会の変化に対応できる能力を身につけ、社会参加による生きがいを高め、卒業後は地域活動のリーダーとして活躍していただくことを目的にしています。

一般課程

仲間づくりと社会参加のきっかけづくりを学習するコース

  • 熊谷学園
  • 川越学園
  • 鷲宮学園
  • 春日部学園
  • 蕨学園
  • 入間学園
専攻課程

一般教養に加え、専門に分かれ短期間で実践的な学習をする一年間のコース

また、学習に併せて、学生が主体的に自治会活動やクラブ活動を行い、学生が相互の交流を深め、いきいきと活力あふれる学園生活を送っています。
なお、卒業後は自治会を母体とした校友会を組織し、生涯学習やクラブ活動、社会貢献活動の継続を図っています。 また、卒業後、選考によりOB講師として彩の国いきがい大学全課程において、活躍することも可能です。
そのほか彩の国いきがい大学をお試し体験いただける聴講制度、授業の一部を公開する公開学習、著名人をお招きしての特別講座も開催しております。

⇒ 詳細はそれぞれの下記項目をクリックし、ご覧ください。

学園所在地 学生募集・過去の応募倍率 聴講制度・公開学習・特別講座
校友会 OB講師 あゆみ(沿革

彩の国いきがい大学公開学習 若い世代との交流

[ ページの先頭へ ]

学園所在地

学園名をクリックすると所在地情報にリンクします。

[ ページの先頭へ ]

学生募集・過去の応募倍率

平成28年度の彩の国いきがい大学学生募集案内については、一部の学園・科で追加募集を行っています。
詳しくは、各学園へお問い合わせください。

[学生募集案内 ]

[過去の応募倍率(平成28年度) ]

[ ページの先頭へ ]

聴講制度・公開学習・特別講座

彩の国いきがい大学を多くの方に知っていただき、体験いただくために、各種事業を開催しております。

1 聴講制度
彩の国いきがい大学の授業の一部をお手頃価格でお試し体験していただく制度です。聴講生は翌年度一般課程に優先入学ができます。

 平成28年度聴講生募集案内

2 公開学習
彩の国いきがい大学の学生が一堂に会する授業を公開いたします。

28年度 期日・会場・料金 内容
第1回
詳細
平成28年7月12日(火)
会場:大宮ソニックシティ
受講料:
1階席 1,000円     
2階席  500円
いきいき活動事例発表
東松山学園オカリナアンサンブル
秩父音頭を楽しむ会
講 演
「学び続けること~思い立ったら吉日~」
青森大学副学長 見城美枝子氏
第2回 平成28年12月26日(月)
会場:大宮ソニックシティ
受講料:未定
調整中

3 特別講座
高齢者が健康で生きがいのある生活を送ることができるよう、著名人を講師に招いて講演会を実施しています。

28年度 期日・会場・料金 内容
第1回 平成28年12月15日(木)
会場:
越谷コミュニティーセンター
受講料:
未定
調整中
第2回 平成29年1月21日(土)
会場:
入間市産業文化センター
受講料:
未定
調整中

[ ページの先頭へ ]

校友会

[概要]昭和51年に埼玉県老人大学として開校した彩の国いきがい大学は、平成27年度末現在36,109人の方々が卒業されました。
卒業生の方々は、在校中に自治会を学園ごとに結成し、卒業後は自治会を母体とした校友会を組織し、生涯学習やクラブ活動、社会貢献活動の継続を図っています。


 1 彩の国いきがい大学校友会連絡協議会(県連協)

目的 彩の国いきがい大学の卒業生で構成される各学園校友会連絡協議会(学園連協)の相互の連絡提携をはかるとともに、社会参加活動等の自主的諸活動を促進し、会員相互の生きがいを高め、その発展を期すことを目的としています。
会員数 6,871人(平成28年度)
代表者 会長 中島 武久(熊谷学園30期)
役員数 会長1人 副会長4人 理事14人 会計2人 監事2人
規約及び役員名簿 県連協規約(PDF) 県連協役員名簿(PDF)
事業計画及び予算資料 平成28年度事業計画及び収支予算書(PDF)
平成27年度事業報告及び決算報告書(PDF)
会報 県連協会報44号(平成28年3月末日発行)(PDF)
県連協ニュース(平成28年6月末日発行)(PDF)
事務局 公益財団法人いきいき埼玉
彩の国いきがい大学高齢者いきがい支援担当
〒362-0812
伊奈町内宿台6−26県民活動総合センター内
電 話048−728−7951 FAX048−728−2130


 2 彩の国いきがい大学学園校友会連絡協議会(学園連協)

彩の国いきがい大学の卒業生で構成される各学園の校友会連絡協議会です。

学園名 発足年度 学園連協及び各期校友会情報
浦和学園(一年制) 昭和51年  
熊谷学園(一年制) 昭和51年 学園連協(熊連協)
川越学園(一年制) 昭和52年  
鷲宮学園(一年制) 昭和52年 28期 33期
蕨学園(一年制) 平成2年 19期 23期
春日部学園(一年制) 平成7年 17期 学園連協(春連協)
入間学園(一年制) 平成20年 3期
東松山学園(二年制) 昭和60年 学園連協
19期 20期 21期 25期 26期
27期 28期 29期 
専科2期 専科3期
伊奈学園(二年制) 平成2年 学園名をクリックすると伊奈学園のHPに繋がり、左欄「OBの活動紹介」で各期のHPがご覧になれます
熊谷学園(二年制) 平成23年 学園連協(熊連協)
1期 2期
春日部学園(二年制) 平成24年  

[ ページの先頭へ ]

OB講師

彩の国いきがい大学卒業生及び公募による市民講師の中から選考し、 現在、彩の国いきがい大学全課程において、活躍されています。 平成26年度は、延べ18回いきがい大学の教壇に立たれました。

 【OB講師のご紹介】

彩の国いきがい大学OB講師を各市町村公民館での生涯学習講座の講師として、また市民活動団体の研修講師等で活用してはいかがでしょうか。
OB講師名簿を掲載いたしますので、ご紹介をご希望の場合は、下記の問合せ先へご連絡ください。

[ OB講師名簿 ]

問い合わせ
公益財団法人いきいき埼玉 彩の国いきがい大学事務局
〒362-0812 伊奈町内宿台6-26 県民活動総合センター内
電話:048−728−7951
FAX:048−728−7130

[ ページの先頭へ ]

あゆみ(沿革)

(一部抜粋)
昭和51年 5月11日 埼玉県老人大学運営委員会設置
7月21日 埼玉県老人大学第1回入学式挙行(県自治会館)
〇入学式250名(浦和、熊谷の2学園で開始)
昭和52年 3月29日 第1回卒業式挙行(県教育会館)
〇卒業生236名
5月 川越、東部学園(現在の鷲宮学園)を開設
昭和53年 10月19日 埼玉県巡回老人大学を県内4地域で開始
昭和56年 4月 大宮学園を開設
東部学園を鷲宮学園に改称
昭和58年 4月1日 埼玉県老人大学連絡協議会(卒業生組織)発足
昭和60年 1月16日 財団法人埼玉県高齢者生きがい振興財団発足
4月1日 【いきがい財団業務開始】
〇老人大学の運営を県老人福祉課からいきがい財団へ全面的に移管
〇埼玉県老人大学を埼玉県老人大学校と改称
〇県内初の専用校舎を持つ、二年制課程の東松山学園を開設
平成2年 4月 二年制課程の伊奈学園を開設
一年制課程の蕨学園を開設
8月16日 埼玉県老人大学校8学園の学園旗を定める
平成6年 4月1日 埼玉県老人大学校を彩の国いきがい大学と改称
平成7年 4月 一年制課程の春日部学園を開設
平成8年 4月1日 二年制課程の専門科を見直す
平成12年 3月1日 いきがい財団本部を浦和大久保合同庁舎に移転
平成13年 4月1日 浦和学園と大宮学園をさいたま学園に改称
二年制課程の専門科を見直す
平成14年 4月1日 いきがい財団と県民活動総合センターとの統合により、「財団法人いきいき埼玉」が発足(以後、いきいき埼玉が「彩の国いきがい大学」を運営)
一年制課程の所沢学園を開設
平成18年 4月1日 二年制課程の専門科を見直す
平成19年 4月1日 二年制課程の専門科を見直す
平成20年 4月 一年制課程の所沢学園を移転し、入間学園を開設
平成21年 4月 さいたま学園浦和コース・大宮コースの学生募集を停止
一年制課程【専科コース】の東松山学園、伊奈学園を開設
平成22年 4月 二年制課程の熊谷学園を開設
平成23年 4月 二年制課程の春日部学園を開設
平成27年 4月 二年制課程の学生募集を停止
専攻過程の東松山学園、伊奈学園、熊谷学園、春日部学園を開設
平成28年 4月 東松山学園の学生募集を停止
和光学園、川越学園専攻課程、東松山嵐山学園を開設

[ ページの先頭へ ]